米国の非喫煙世帯が20年前のほぼ倍に、マナーに変化=政府調査

[アトランタ 4日 ロイター] – 米疾病対策センター(CDC)の調査で、住宅の敷地内で喫煙しない非喫煙世帯の割合が20年前に比べてほぼ倍増したことが分かった。

調査によると、1990年代初めに43%だった非喫煙世帯の割合は、2010─11年には83%まで上昇した。喫煙者がいない世帯の90%以上、喫煙者が1人以上いる世帯の約半分が、禁煙ルールを設けていた。

調査を率いたブライアン・キング氏は「マナーの変化が起きた。非喫煙者の近くでの喫煙が社会的に容認できない行動と考えられるようになった」と指摘した。

ただ、喫煙者のいる世帯では一段の改善が必要とも指摘。「受動喫煙に安全なレベルというものがないことをわれわれは知っている。最終的な目標は、知られている発がん物質に人々をさらさないことだ」と述べた。

地域別で非喫煙世帯の割合が最も低かったのは、ケンタッキー州とウェストバージニア州の69.4%。最も高かったのはユタ州の93.6%だった。

Comprehension Questions
1) What was the survey aiming to find out?
2) How were the results different between 1990 and 2011?
3) How have manners changed, according to Brian King?
4) What danger is the study trying to bring to the attention of smoking households?
5) Which states had the lowest and highest rates of non-smoking households?

Posted September 13, 2014 by admin in Uncategorized