Author Archive

「カモ救うため」急停車で死亡事故、カナダの女性に禁錮90日

「カモ救うため」急停車で死亡事故、カナダの女性に禁錮90日   [オタワ 18日 ロイター] – カナダのモントリオールの高速道路で、道路を渡る複数のカモを助けようと急停車したため死亡事故を引き起こし、危険運転などの罪に問われた女性に、裁判で90日の禁錮刑が言い渡された。 事故は2010年に発生。急停車の影響で、後続のバイクが女性の車に追突、バイクを運転していた男性(当時50)とその娘(同16)が死亡した。 裁判で女性は「カモを全部捕まえて車に乗せようとしただけ」と動機を説明し、「過ちだった」と述べた。女性は週末ごとに収監され、240時間の社会奉仕活動と10年間の運転禁止も言い渡された。     Canadian driver jailed for deaths caused by stopping for ducks http://www.reuters.com/article/2014/12/18/us-canada-crime-ducks-idUSKBN0JW26P20141218?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 27, 2014 by admin in Uncategorized

オランウータンに「人権」あり、アルゼンチン裁判所が認定

Captive orangutan has human right to freedom, Argentine court rules オランウータンに「人権」あり、アルゼンチン裁判所が認定   ブエノスアイレス 21日 ロイター] – アルゼンチンの報道によると、動物園のオランウータンについて、裁判所が違法に自由を奪われた「人間ではない人格」との判断を下し、保護区への解放が可能になった。 この訴訟は動物愛護団体が、ブエノスアイレスの動物園にいるスマトラ・オランウータンのサンドラ(29)の解放を求 めて11月に起こしたもの。サンドラには十分な認知能力があり、物体として扱われるべきではないと主張した。裁判所はサンドラに「人間ではない人格」とし ての基本的権利が付与されるべきと判断した。 アルゼンチンの日刊紙は同団体の弁護士の発言として「今回の判断は、動物園やサーカス、科学研究所などで不当に自由を奪われている類人猿や知的生物に道を開くものだ」と述べた。 米国でチンパンジーの解放を求める訴訟も起こされていたが、米国の裁判所は今月、「人権なし」として申し立てを棄却した。      Captive orangutan has human right to freedom, Argentine court rules http://www.reuters.com/article/2014/12/21/us-argentina-orangutan-idUSKBN0JZ0Q620141221?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 25, 2014 by admin in Uncategorized

フライドポテトを世界文化遺産に、「本場」ベルギーで運動本格化

フライドポテトを世界文化遺産に、「本場」ベルギーで運動本格化 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0JM09S20141208?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408   English version:   http://www.reuters.com/article/2014/12/05/us-belgium-fries-idUSKCN0JJ12820141205?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 16, 2014 by admin in Uncategorized

モスクワの映画館で「ごろ寝鑑賞」、座席の代わりにベッド設置

モスクワの映画館で「ごろ寝鑑賞」、座席の代わりにベッド設置 [7日 ロイター] – ロシアの首都モスクワ郊外にある映画館で7日、シアター内に家具大手イケアのダブルベッドが設置され、市民らが自宅さながらの雰囲気で映画を楽しんだ。 地元メディアによると、この映画館はイケアの寝具を使ってシアターの一つを寝室に「変身」させた。くつろいで映画が観賞できるよう、椅子の代わりにベッドを置き、各列の壁紙、ベッドカバー、枕カバーなども異なるデザインを使用した。 劇場内に設置されたダブルベッドは全部で17床。イベントに合わせ、シアター名も「愛の目覚め」に変更されたという。 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0JM2M720141208?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 14, 2014 by admin in Uncategorized

中国精製飲料水の約25%が衛生基準満たさず、バクテリア検出

[上海 8日 ロイター] – 上海日報によると、中国の食品薬品監督当局が国内の約2000の精製飲料水を調査したところ、23%が衛生基準を満たしていなかった。安全基準を超えるバクテリアが検出されたケースが大半だった。 当局によると、飲料最大手、娃哈哈集団(ワハハグループ)と、ダノンのロバストブランドなどが製造する精製水から、基準以上のバクテリアが見つかった。 中国では食品の安全が深刻な問題となっており、2008年にはメラミンが混入した粉ミルクで6人の乳児が死亡、多数に健康被害が出た。 水道パイプの汚染を心配し、水道水は一度煮沸して飲料水として使用するか、ペットボトルの水を購入するのが一般的となっている。 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0JM0J320141208?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 9, 2014 by admin in Uncategorized

「キム・ジョンウン」同姓同名は改名を、11年に父正日氏が命じる

「キム・ジョンウン」同姓同名は改名を、11年に父正日氏が命じる http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0JI09320141204?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408 North Korea orders everyone sharing leader’s name to change it: report http://www.reuters.com/article/2014/12/03/us-northkorea-name-idUSKCN0JH0IC20141203?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 7, 2014 by admin in Uncategorized

チンパンジーに「人権なし」、米裁判所が愛護団体の申し立て棄却

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0JJ08P20141205?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408 Chimpanzees have no human rights: N.Y. court http://www.reuters.com/article/2014/12/04/uk-lawsuit-chimpanzee-idUSKCN0JI20X20141204?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews&rpc=408

Posted December 6, 2014 by admin in Uncategorized

うつ状態に陥るリスク、週3回の運動で16%低下=英調査

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKCN0I50NK20141016 [ロンドン 15日 ロイター] – 英科学者らが行った調査で、週3回運動するとうつ状態に陥るリスクが16%低下することが分かった。運動の回数が増えると、確率はさらに低下するという。 うつ病は世界で3億5000万人以上に影響を及ぼしている。投薬治療や心理療法などがあるが、再発に苦しむ患者が多いという。 調査は1958年生まれの1万1135人を対象に実施。50歳までを対象に、所定の質問に答えてもらい、うつの程度と運動の関係を調べた。 その結果、運動回数を増やした人の発症率がより低かったのに対し、特に若年層でうつ病を発症しやすい傾向にある人は、あまり活動的ではないことが分かった。週に1回運動回数が増えると、うつ状態に陥る確率は6%低下した。 調査を手掛けた1人は、この結果は運動が健康を増進するだけでなく、うつ病リスクへの対策としても有効なことをあらためて示したと指摘した。 Comprehension Questions 1) What were the general findings of the research? 2) What kind of people participated in the study? 3) What was found to be common among young people with depression?   English version from Reuters (http://www.hindustantimes.com/lifestyle/wellness/stressed-and-depressed-exercise-three-times-a-week/article1-1276031.aspx) In a study conducted as part of a public […]

Posted December 4, 2014 by admin in Uncategorized

米消防士「三角関係殺人」で逮捕、愛人の夫殺害容疑

米カリフォルニア州南部の消防士が今週、愛人の夫を殺害した疑いで逮捕された。愛人もともに逮捕された。警察当局が20日明らかにした。 逮捕されたのは消防士のジョナサン・マイケル・ハーン容疑者(24歳)とその愛人とされるサブリナ・リモン容疑者(35歳)。 リモン容疑者の夫(当時38歳)は8月、鉄道の車両基地で撃たれ死亡した。 ハーン容疑者はかつて、消防士という職務への誇りや、緊急出動する際に感じるヒロイズムなどについて綴った本を執筆している。

Posted December 3, 2014 by admin in Uncategorized

「生みの苦しみ」を疑似体験、中国の産院が妊婦の夫向けに

中国東部の病院が、パートナーの女性が出産を控えている男性向けに、陣痛を疑似体験させるプログラムを提供している。出産する女性への男性の理解を促すことが目的だという。 山東省にある同病院では、無料でこのプログラムを週2回提供。これまでに約100人が参加を申し込んだ。大半は近く父親になる予定の男性だが、中には興味本位で参加する人もいる。 疑似体験では、電気ショックを与える装置を腹部に装着し、看護師が痛みのレベルを1から10まで上げていく。しかし疑似体験の痛みは実際に女性が出産で体験するものに比べたらかなり弱いという。 レベル7まで耐えた男性は「心臓と肺がちぎられるような痛みだった」とコメント。レベル10まで我慢した男性は、疑似体験によって出産に対する考え方が変わったと述べた。 *写真を添付し、本文中の余分な語句を削除して再送します。     English version  Labor-intensive: China hospital gives men chance to experience pain of childbirth (Reuters) – A hospital in eastern China is offering fathers-to-be a chance to experience the pain of childbirth after several new moms complained they got little sympathy from their partners. Free sessions are held twice […]

Posted December 2, 2014 by admin in Uncategorized